<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「その気もないのにいちいちキュンとさせやがって容疑」で逮捕する。無期懲役で。

っていう、ウルトラしょうもない告白のセリフを思いついたので、誰か使ってください。

こんばんわ、イカです。





今日、会社の昼休みに

警察博物館 に行ってきました。


a0249157_2254294.jpg



ピーポーくん(画像左の、なんかテカってるやつ)が

『別に面白くないから、はなまるうどんにでも行っておいでよ。』 って

目で訴えているような気もしましたが、入館無料なので、とりあえず突撃しました。










a0249157_22594789.jpg



a0249157_235256.jpg



a0249157_2301680.jpg



1階は撮影自由で、ヘリコプターやバイクが置いてありました。

自由に乗って良いとのことで、

ピーポーくん(一番下の画像に映る、投げやりな角度の縫いぐるみ)の居る席に

乗りたいなぁ、と思いましたが、ひとりだしアラサーだし自粛しました。





2階では、警視庁誕生からの歴史的に重要な資料を展示しています。

らしいです。博物館HP曰く。

正直、ここのエリアはおカタい感じで、10秒くらいで去ったので覚えてないです。





3階も、歴史振り返ろうぜ的エリアでしたが

ここには歴代の警察官の制服(男女)が置いてあり、コスプレ好きの血が騒ぎました。

女性警官の礼服が特に可愛かったです。





4階は飛ばして5階は、東日本大震災特別展示スペースでした。

「地震対策マニュアル」みたいなパンフレットが置いてあったのでGET。

まだ、ざっとしか読んでいませんが、警視庁目線だけあって

交通規制のことなども詳しく解説してあって、なかなか嬉しい。


ところで、こういうマニュアル本には

「非常時に持ち出せるよう、これだけは入れとこうリスト」 みたいなことが

書かれてありますが、

アレのとおりに物を詰めていくと、鞄パンパンになりませんか?

「こんな重いの、ホンマの非常時には絶対持たれへんやろ。」 って

レベルにまで達しているの、わたしだけ??





そして4階は、まさかのゲームコーナーでした。

自動車教習所にありそうな、バーチャルに車運転できるやつとか、

ケーサツなんでもクイズ的なやつ等がありました。

中でも一番惹かれたのが、先客が居たのでよく見えなかったのですが

「110番シュミレーション体験」 みたいなやつ。

待っていたら昼休み終わりそうだったので断念しましたが、絶対面白いと思う。





こんな感じで、思っていたより楽しく、昼休み終了20分前では見切れないくらい

見ごたえがありました。

無料なので、また行こうと思います。今度こそゲームがしたい。



























a0249157_2343373.jpg


「あばばばばばばばばばばばばー」 とか、言ってそう。
[PR]
by ikako_pa_rara | 2012-05-31 23:46 | 上京見聞録

ルーティンのピース

「今が充実している! 今を生きろ! 今を楽しめ!」 なんて、

もっともらしいこと言ってみる。

でも、本当はただ、

「今っていう名の 『ルーティン』 でいっぱいいっぱい」 なだけってこと、

知ってる。

More
[PR]
by ikako_pa_rara | 2012-05-31 00:10 | 自堕落な日々

集中力が欲しい。

集中力が小学校低学年レベルのイカです。



今日も自宅に持って帰った仕事をしようとしたら

作業開始2分で寝てしまいました。

最近うちの会社では、SAI!RYO!ROAD☆SAY! 

とかいうやつが導入されたので

「極端な話、やることさえやれば会社にいなくていいよ

家でやろうが、日本海沿岸でやろうが、別に構わないよ」

とのことなのですが

基本私は、誰かに監視されていないと動けない種類の

ダメ人間のようです。

SAI!RYO!ROAD☆SAY!は活用できそうにありません。



思えば、受験生時代もそうでした。

勉強しよう勉強しようと思って、参考書や赤本やZ会の用紙等を

机に広げてはみるのですが

やっぱり開始2分で寝てしまっていました。

「『勉強する!』 といって6時間以上部屋に籠っている。」

傍からみたらすごく感心な学生ですが

実際自室では5時間くらいは寝てましたからね。

そりゃZ会も、3年間で両手で足りるほどしか提出できませんよね。



なのに就職活動ではZ会を受けました。

3年間で両手で足りるほどの思い入れしかないのに、受けました。

6年ほど前の話にはなるので現状は定かでないですが

Z会のエントリーシートは、もう、ビッチリです。

多分わたしエントリーシート60枚くらい書いた気がするんですけど

Z会のやつが一番苦労した気がします。



「あなたという人間をイラストで表現して下さい。

そしてそれを○○字以内で説明して下さい。」

とかね。絵心ない(※)のにさ。

(※「もふもふさん 怖すぎ」 でGoogle検索して

一番上にHITしたウェブサイトをご参考下さい。 )




絵心ないから、円グラフを書いたのを覚えています。イラストじゃねぇし。

あとね、一次筆記試験もクッソ難しかった。一次の段階で既に難しかった。



でも通ったの。

エントリーシート設問無視して、一次筆記試験ボロボロだったにも関わらず。

通っちゃったの。



ほんと人生って分からないものだなぁ。

静岡まで面接と二次筆記試験受けに行っちゃいましたよ。

静岡の三島というところまで、行っちゃいましたよ。

なーんもなかった。

面接会場には、「学生時代は生徒会長を5回くらいしました!」

みたいな、リア充の塊っぽい人しかいなかった。

わたしこの人達と同等の評価受けたのか!あの円グラフで!

と思うと、ロマンティックが止まらなかった。



でも、ロマンティックは、そう長くは続かなかった。

二次筆記試験は難しいという域を超えていた。

200点満点中4点しか取れなかった、校内実力テストを思い出した。

カカカカカカカカカカカカカ…… という、シャーペンの軽快なリズムをBGMに

2時間弱ある解答時間を妄想してやり過ごすしかないという

あの悪夢がフラッシュバックした。



そして落ちた。三島まで行ったのに。

当時付き合っていた彼氏に

「静岡⇔京都の遠距離になるかもしれないけれど、

ウチらなら乗り越えられるよね!」

とかアツく語っていたのに、落ちた。



きっと、3年間で両手で足りるほどしか提出しなかった故の学力が

二次筆記試験を通してバレたんだろうなぁ。

あの試験、何点だったんだろう。200点満点で2点くらいかなぁ。

参加賞、的な。

















ほーら、また話が脱線している。

これも集中力がないからだ。

あーあ、集中力が欲しい。

会社に居ても、30分置きに飴とか食べちゃうし。

目の前の仕事より、デスク近いひとの話し合いにばっかり

気をとられちゃうし。あーあ。

Z会ちゃんと提出していたら、集中力ついたかなぁ。



みなさん集中力ありますか?

ない人はどうやって、仕事や学業をこなしていますか?

集中力アップする良い方法、何かございましたら

教えていただけませんか。
[PR]
by ikako_pa_rara | 2012-05-27 18:57 | 自堕落な日々

アイ

『好きなひとに送るバースデーメールは午前0時ジャストに限る』

――そう思っていた時代が私にもありました。





7年前。20歳の誕生日。午前0時を迎えた瞬間、同じサークルの同期の野郎達から一斉にバースデーメールが届いた。人生で最初で最後と思われる、あり得ない数のメールが、一気に来た。



深い意味はない。あるはずがない。いくら彼氏いない歴=年齢でもね、こんなことで、こんなことぐらいでね、はしゃいだり……するよね、やっぱり。ええ、すごく嬉しかったし、すごくドキドキしてジタバタしましたとも。



だってさ、深い意味はなくても、「0時ジャスト目掛けて、ケータイの送信ボタンを押して待っていてくれていた、私の誕生日を祝うために。」

ってことは、事実だから。

それだけで、もう十分「アイ」だと思った。それだけで、もう十分過ぎるくらい、嬉しかった。ドキドキした。



でもやっぱり、午前0時に「送る側」になるほうが、ドキドキしたね。









7年前の、とある夜。決行前夜。1週間以上前から練りに練りげてきたバースデーメールを眺めつつ、送信ボタンを押すイメトレをしつつ、ひとり悶々。

何が何でも午前0時、否、午前0時0分0秒に送らなきゃ。0.05秒でも遅れたら意味がない。数番目じゃ意味がない。だって。

だって、このメールの向こう側のひとへは、特別で、大切で、絶対手放したくない「アイ」があるから。

あのひとの○○歳のバースデーは、一度きりの今日。今日くらいは、頑張ってみようと思うの。普段は素直になれなくて、臆病で、絶対見せられない「アイ」を、午前0時0分0秒受信のバースデーメールに、こめたいの。



だからこうして1分前からケータイ握りしめて待っているわけさ……30、20、10……3、2、1、セーイ!! 送~信ッ!! 

よしッ、よしッ! ちゃんと送信時間0時ジャストになってるなッ!! ミッション・コンプリートやなッ!! 



……でも待てよ。

冷静に考えたら、彼女でもないのに、ただのサークルの同期やのに、0時ジャストにバースデーメールって、どうなん??

うわうわうわ! やばい、急にめっちゃ恥ずかしくなってきた。

だってさ、0時ジャストはガチですやん! ナントカさんとかスントカさんとか、ああいうリア充な子らがやる分にはノリとして問題ないけど、あたしみたいな地味キャラがやったら、何かガチですやん! 絶対キモがられるし! あたしみたいな地味な干物からガチのバースデーメールとか、絶対キモがられるし! 



って! 

うわああああ、あのひとから返信きたし! どうしよう、嬉しいけど怖い。読みたいけど読むの怖い。「キモいです死んでください」って書いてあったらどうしよう。

怖いから手で隠しつつ、一文字ずつ読もう。『死』とか見えたらケータイ捨てよう。えーと、『あ』『り』『が』……『ありがとう☆イカちゃんが一番乗りだよ!めっちゃ嬉しい!(^o^)』!?



セーイ!! 彼の一番、いただきましたーッ!!










――なんてね。

そうやって、たった一通のメールごときでドキドキジタバタした時代が、私にもありました。



ありました、ね。
いまは、ちがう。

いまは、もう、送信ボタン押さえて待たなくても、いいから。



それは去年の秋。2年ちょっと付き合ってる彼氏のバースデーを間近に控えたときのこと。


「前は早朝4時とか、めっちゃ微妙な時間にメールしてきたよな。0時に送ってくれんかったよな。」

「……そうやっけ??」

「……覚えてもないの?? ほんまイカはアホ……」

「ぁあー、もう、覚えてるやん! 0時に送ろうと待ってたけど、仕事で疲れてて寝ちゃったの! あの時も謝ったやん! 昔のことほじくり返さんといて!」

「冗談やん。またそうやっていちいち怒るやろ~。ほんまイカええ歳なんやから、落ち着いてよ。」



どんな会話をしても、しぼんでいく感じ。いちいちお父さんみたいに説教してくるのは、そっちやん。いっこも楽しくない。

0時ジャストにバースデーメール送るテンションなんか、あるはずなかった。

でもな、今年も送らんかったら、あのちっこいおっさんは確実にま~た、ぐちゃぐちゃ言うんやで。「俺のこと本気で好きちゃうんやろ」とか、言うんやで。

あーあ、めんどくせぇな。0時にメール送ってから電話かかってきたら、もっとめんどくせぇな。話すことないのにな。あーあ。



でもな、普段ろくに会話してない分、メールくらいは「盛らんと」な。

デコメって便利よなぁ。こうやってさ、うさぎさんが目ぇキラキラさせてハート抱えてるやつとかをさ、ちょいちょいちょいちょーい、って入れたらさ、ほらもう、めっちゃ好きで~す、ラブで~す、って感じやん??

あたしが笑えんでも、うさぎさんがナンボでも笑ろてくれるからな。「アイ」が表現しやすい時代になったわ。



あ、変なボタン押しちゃった。ん??『送信予約』って??

え! これはもしや、セットしといたら0時ジャストに送れる、的な??

ちょいちょいちょいちょい、マジでマジで1回テストしてみよ……うわ、メール来ましたやん。ひゃあー。べんりー。スマホすげー。

これで今年は説教無しやな。寝よっと。



翌朝。彼から返信が来ていた。私が送ったやつより数倍デカい、うさぎさんが飛んでいた。スマホに感謝した。怒られなくて良かったと思った。



後日会ったとき、彼は大層機嫌が良かった。相変わらず口数は少ないし大して盛り上がりもしないが、説教にはならない。

そりゃそやな。だって今日からは、さよならするとき新幹線に乗らなくていいもんね。あたしが、めっちゃ、頑張ったから。


「これからはいつでも会えるな。」

「いつでも、ってことはないやろ。仕事あるんやし。」

「でも、週末はいつでも会えるやん。違う??」

「………。」

「あ、そうそう。俺の誕生日。今年『は』起きててくれたんやな。」


またそうやって。今年『は』って。

あんたは、そういう『冗談』がほんまに好きやな。
知ってる?? そういうの冗談じゃなくて『嫌味』って言うの。いっこも面白くないの、知ってる??

あとさ、あたし、起きてないから。

起きて『仕事』してくれたんは、あんたの大ッ嫌いなスマホさんやで。あたしがあんたの言う『ネット依存』やとしたら、あんたみたいなんは『情弱』って言うんやで。知ってる??

言ってやろうと思った。でも、言わなかった。言えば良かったのに。言って、大喧嘩でもすれば良かったのに。

言わなかった。言えなかった。やっと近距離にしたんやから。あたしが、あたしが、頑張ったんやから。なのに、今さら、引き返せない。


「もう、またぼんやりしてる。何なん??」

「ぼんやりなんかしてへんよ。」

「嘘やん。最近ボーっとしてばっかり。俺の話、聞いてないやろ。」

「ごめんごめん、きいてるよ。ことしはな、おきてた!」

「来年も起きとくんやで。」

「えー、らいねんは、いっしょに、おいわいできるやーん??」

「……せやな! 来年は会えるな!」

「うん、あえるあえるー!」




いまあたしあのうさぎさんみたいにかわいらしくわらえてるかな。きんにくひくひくしてるからきっとわらえてるよな。たぶんな。わからへんけど。



「アイ」とかもう、わからへんけど。

More
[PR]
by ikako_pa_rara | 2012-05-20 01:45

もふもふさん

a0249157_12121714.jpg




「こういうモフモフとした生き物をどれだけモフれるか」という選定基準の市議会議員選挙に参加する。そんな夢をみました。










上記生物について、私をはじめとする選挙立候補者達は皆「プレーリードック」と呼んでいましたが、たぶん違うと思うので、仮に「もふもふさん」としますが、


選挙会場(たぶん違うけど大阪城っぽいところ)に入るため並んでいると、突如もふもふさんが現れて肩や頭に乗っかってくるんです。


あらあら、かわいらしいこと。でもやっぱり、いくら愛らしくたって、突然タックルかまされるとビビってしまいます。そこはやっぱりHETAREなんでね。たとえ夢の中でも。





そしたら、一緒に選挙に来ていた友人モフ子(幼なじみ。仮名。おんな。犬猫から爬虫類、昆虫に至るまで、とにかく生き物が大好き。彼女の家は最早ちょっとしたムツゴロウ王国。)が


「イカちゃんはビビりだから市議会議員にはなれないよ!」って正論をぶつけてきました。凹みました。市議会議員になるために全身白い服でキメてきたのに……と凹みました。





するとモフ子と、立候補しないのに何故かその場に居たモフ子のお父さんが、もふもふさんを慣れた手つきでモフりはじめるのです。「ほ~れほ~れ、モフモフ~、モフモフ~」って。ドヤ顔で。


イラッとしました。でも、ベージュの毛に赤い模様のついたもふもふさん(冒頭のイラスト参照。ちなみに模様のない薄ピンクのもふもふさんもいました。)が、すごくモフ子になついているのを見て、


「やっぱり今期の市議会議員はモフ子しかおらんな。この市の未来はモフ子に委ねるか……」と思いながら溜め息をつく、


そんなシーンで目が覚めました。





モフモフした生き物をモフると癒されますよね。今度はビビらないようにするから、また夢に出てきて欲しいなぁ。もふもふさん。
[PR]
by ikako_pa_rara | 2012-05-12 12:10 | 自堕落な日々

女子力アップごっこ

爽やかな新緑の季節、いかがお過ごしですか。

わたしはイカです。





今日は、私が4年間のOL生活を通して身につけた

「女子力アップした気になれる」

テクニックを伝授したいと思います。





本当に女子力をアップさせるには

それなりの時間、労力、根気、お金、社交性等々が要求され

とっても難しく面倒ですが

私のテクニックは、あくまで

アップした『気になる』ものなので

筋金入りのダメ人間だよ、って人でも

怠惰すぎてスイーツ(笑)にすらなれないよ、って人でも

思い立ったらすぐ実践できます。





“苦労して本気で女子力磨いても、

披露する機会なんてないもん、どーせ。

時間とお金の無駄だもん、どーせ。

でも、このままじゃないけないと思う。

何か行動起こさなきゃ。

でも、めんどくさい。

すっげぇすっげぇめんどくさい。

そもそも苦労して本気で(ry”





そんなジレンマ無限ループを解消するため、

貴女も始めてみませんか??

『女子力アップごっこ』

More
[PR]
by ikako_pa_rara | 2012-05-11 22:25 | 自堕落な日々


勢いで上京した人の自堕落な追憶
by ikako_pa_rara

最新の記事

カテゴリ

以前の記事

検索

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧