すき家実食レポ三連チャン

政治家って歳のわりには、みんなメッチャ元気ですよね。

イカです。

80歳から「ニッポン変えてやろう!」とか、私なら思えないよ。

80年も生きたんだから、あとは縁側で猫と戯れながら、

パルムの抹茶アイス(ファミマで売ってる濃い~ぃやつ。)を

パクつきながら、毎日ゴロ寝してたいよ。

30手前の今でさえ、そう思うけども。





さてさて、例によって中央なんたらが

朝から遅延しやがったので

(※この記事は26日(金)に書いています。)

気晴らしにこうしてブログを書いております。

イライラするのでね、すきな話、いや、すき家話をね、

しようかと思いますのでね、

すき家がすきや、という方も

東京の今後が不安でならない、という方も

中央なんたらへの憤りがマグマのようだ、という方も

基本的に色んなことがどうでもいいけど、

何となく毎日楽しく生きたいかな、という方も

是非とも追記へお進み下さいませ。



***



ここ数ヶ月に食べた「すき家」のメニューで

(色んな意味で)印象深かった3品を、紹介していきます。

のろまな中央なんたらとは違ってサクサクいきましょうね。

セクシー、そのいち!





a0249157_083385.jpg





昨日から発売の「3種のきのこ牛丼」。

しめじ、えのき、そして短冊状にカットされたエリンギの

異なる食感が楽しめる一杯、なんですが。

きのこの味付けである「焦がしバター醤油」がね、

バターとは違う別の何らかのケミカル臭がしてね、

しかもメチャクチャ主張しててね、

あるんだかないんだか分かんない、パセリの香味はもちろん、

焦がし醤油の香ばしさも、3種のキノコの旨味でさえも、

活かされないどころか殺されてしまっております……。

「きのこのバター醤油炒め」って、もう、絶対美味しいのに。

牛肉とも絶対、合うのに。惜しい。非常に惜しい。

あるんだかないんだか分かんないパセリを散らす費用を、

本当のバターを使う費用に、あてて欲しかったと思います。










ああやっと新宿だ。

もう止まるなよ。御茶ノ水あたりで止まるなよ。

セクシー、そのに!





a0249157_091431.jpg





こちらは「きんぴらこんにゃく牛丼」ですね。

9月中旬からの期間限定かと思ったんですが、

どうやら「高菜めんたいマヨ牛丼」と入れ替わる形で

最近レギュラー化したようです。

どうなのかな。私はマヨネーズ大ッ嫌いなので、

あんまり支障ないんですが、

ツイッターで検索してみたところ

「めんたいマヨがないなら、もうすき家には行かない」

といった声も多数、ほんとに多数、

遅延時に中央なんたらをDisるツイート並みに、多数、

見受けられましたので、どうなのかな。

売り上げ的に吉と出るか、凶と出るか。



私としては、すごく完成度の高い一杯やと思います。

画像をよーく見てください。

こんにゃくが2種類入っているのが、分かりますでしょうか。

白いやつと、黒いやつ。

これね、それぞれ、噛んだときの弾力が違うんですよ。

白いやつ(たぶん。食べたの1ヶ月くらい前やからウロ覚え。)の方が

黒いやつより若干、歯ごたえがあるんですね。

この歯触りの違いが、ゴボウやニンジンのシャキシャキ感と相まって

食べていてとても楽しい。

そんで、きんぴらですからね。確実に美味しい。



唯一の欠点は、噛みごたえのあるものばかり乗っているので

どうしても食べるのに時間がかかってしまうこと。

切羽詰まった正午のランチタイムではなく、

商談帰りの遅めのランチにおすすめします。










……と、ここまで書き終えたところで

東京駅に着いちゃったので

ここからは28日(日)に書いています。



明日は中央なんたら普通に走ってくれるかなぁ。

月曜やからどーせ遅延かな。



セクシー、そのさん!





a0249157_094334.jpg





さっきと同じ画像ですが、間違って載せたのではないですよ。

今度は画像の右側にご注目。

そう、「プリン」です。



「神聖な牛丼屋でスイーツかよ! 失望した!」

なんて落胆の声が聞こえてきそうですが……。

人生、何事もチャレンジ。これ、意外とイケます。



ただ、プリンって、タイプが色々あるので

好き嫌いは分かれるかと思います。

卵メインの焼プリンっぽいやつとか、

クリームメインのなめらかなやつとか、

プッチンプリンみたいに弾力あるやつとか、

色々あると思うんですが、

すき家のプリンは卵メイン。

焼き目はないですが焼プリンっぽいです。



私は断然、卵メイン派ですので、かなり好きな味でした。

甘さを抑えたカラメルソースとの相性も良く、

120円という、一見割高な価格相応のクオリティーは

あると思います。



「俺、チョーオッサンなんだけどさ、

実は甘いもんチョー好きなんだよね。

特にプリンとかさ、実はチョー好きなんだよね。

でもさ、スイーツショップはもちろん、

コンビニスイーツとかもさ、何かさ、

ひとりじゃ買いづらいんだよね。

いや、がんばって買ったとしてもさ、

夜に食うのはメタボが気になるし、

朝からプリンは流石に重いし、

かといって昼間に会社のデスクで食うのもさ、

『課長wwプリン食ってるwww女子かよww』

とか何とか、若い連中に鼻で笑われそうで、

気が引けるんだよね。

『スイーツ男子』なんていうけどさ、俺はさ、もはや

『男子』と呼べる人種じゃないし、オッサンだし……。

まぁ、どうせ俺みたいなショボくれたオッサンのこと

誰も見てないんだろうけど……。

プリン食おうが、ソイジョイに塩麹(笑)ジャムを

塗りたくりながら食おうが、

誰も見てないんだろうけど……。

でも気になるんだよ!自意識過剰と分かっていながら!

でも俺は!俺はプリンが食いたい!

嗚呼!嗚呼!プリーン!プリーン!」



みたいな方は是非、牛丼のお供にプリンを。
[PR]
by ikako_pa_rara | 2012-10-29 00:28 | 自堕落な日々
<< ここだけ2006 終 >>


勢いで上京した人の自堕落な追憶
by ikako_pa_rara