TOKYO SUKIYA LOVE STORY (2)

「すき家のことは……ホントに、ホントに、大好きなんです……ッ!!」



「ちょ、え、お前なんで泣いてんの!?」



「好きだから……だから……。

だからもう行かないって決めたの!!」





――TOKYO SUKIYA LOVE STORY.















ACT2:東京社畜のタシナミ  ~予感~



***



【主な登場人物(詳細適当)】


・吉野 松子(ヨシノ マツコ)
主人公。女。入社三年目にして社蓄。でも、そんな自分が嫌いじゃない。
会社最寄りのすき家店員「キム」が気になる。



・キム
松子の会社最寄りのすき家店員。チャングンなんとかさんに似てる。



・タブレット野郎
すき家で松子の隣に居たリーマン。もやしでメガネの男。バカでかいタブレットを所有。Twitterで松子をdisる。










【これまでのあらすじ(超粗め)】

とある残業帰りの平日23時。東京でハイパーにメディアをクリエイトしている吉野松子(24)は、今日も会社最寄のすき家に居た。お目当ては店員のキムであり、牛丼では無い。キムを舐め回すように眺めまくる一方で牛丼は残しまくる松子。すると松子の隣に座りバカでかいタブレットでTwitterをしていたリーマンが「牛肉の配分をミスったダサいひとww」と、松子をdisるツイートをする。それを見た松子はブチ切れ。リーマンからタブレットを奪い取り「バカでかいタブレットでTwitterしてる方がダサい!」 と盛大にシャウト。果たして松子の運命は??










***



「こんなバカでかいタブレットで

Twitterやってる方がだっせぇんだよっ!!」





タブレットを奪い取って怒鳴るあたし。

それを呆然と見上げるタブレット野郎。そして。

無表情で私達の間に入る、キム。



「スイマセーン。

ホカノ、オキャクサンノ、ゴメイワクニナリマスノデー。

オカイケーコチラデスー。スイマセーン。」





いつもに増して事務的なトーンで言うキム。

明らかに迷惑そう。

あーあ、完全、嫌われた。

終わった。あたしの恋、終わった。

もう、すき家来れないじゃん。

最悪。





「オ、オキャクサン、720エンのオツリ……。」

「結構です。」



キムの顔も見ず千円札だけ渡して店を出る。

そして、走る。

高校の頃は、陸上部に憧れていた生物部だったから

嫌なことがあると、とりあえず走るんだよね。









***



「待てコラーーー!!」





後ろから、男の怒声が聞こえる。

何で?? お金払ったよね?? 

しかも720円余計に。



「ターーブーーレッーートーーー!!」





!!!

いつの間にか小脇に抱えていた、

バカでかい板(若干邪魔)の存在を思い出す。

何か走りにキレがないと思ったら、こいつのせいか。





あたしに追いついて、ぜーぜー言ってるタブレット野郎に

バカでかい板を手渡す。



「失礼いたしました。お返しいたします。」

「あぁ……ほんっとに……失礼極まりねぇ。」



それをひったくるように受け取るタブレット野郎。

ぎっ、と寄った眉間のシワが、

ヤツの人相の悪さに拍車をかけてる。



だから、ついイラッとして、

ほっときゃいいのに歯向かってしまった。










***



「あんたも大概失礼でしょ? 

Twitterで人のこと密かに小バカにして。」


「あのね……。人のTwitterを無断で覗いたり、

公衆の面前で人のこと、

『だっせぇ』って怒鳴りつけたり、

挙げ句、人のタブレットをパクって逃げようとした

オマエにだけは言われたくない。」


「覗いてないし! 見えたの! 

そのタブレットがバカでかいから!」


「オマエどこまでも失礼だな! 

俺のことは何と言われようと知ったことねぇけど、

このタブレットと、あと、

すき家を冒涜するやつだけは許さねぇんだよっ!!」



一気にヒートアップ。タブレットがまさかの地雷とは。

意味分かんないし。マジでオタクめんどいし。

しかも、何でここですき家が出てくんの??



「ぼっ……冒涜って大げさな。

それに、すき家に関してはむしろ崇拝してるわよ。

平日毎日通ってんだから。」


「崇拝してる人間が肉の配分ミスるかよ。」


「ミスってんじゃないわよ。美味しくないから残してんの。」


「やっぱ崇拝してねーし!! 

あーもう、頭きたわ!! 

オマエ、ちょっとツラ貸せ!!」


「えっ!? ちょ、ちょっと何すんのよ!」



もやしとはいえ、興奮気味の男に

いきなり腕を掴まれたので、かなり焦る。

ほんとに、さっきから何をそんなにアツくなってんの??










***



「何する気!?」


「決まってんだろ、すき家行くんだよ!

そんでな、オマエのすき家に対する冒涜精神を

叩き直してやる!!」


「はぁ!? 意味分かんないし!

てゆーか、さっきすき家行ったばっかじゃん! 

そんでキムに嫌われたし! 戻るの恥ずかしいし!」


「ばか、戻るわけねーだろ。つーかキムって誰だよ。

さっきの店とは別のすき家だよ。

あのデパートから、向こうに走ってる高速の下を横切る感じで

5分ちょっと真っ直ぐ歩けば、あるから。」


「ああ、そーなの? 知らなかった。」


「会社付近のすき家は、最低2店舗は把握しとくのが

東京社畜のたしなみだぜ。

分かったら、さっさと行くぞ。」





いやいや、何ひとつ分かんないし。

本気で意味分かんないし。

けど。

何となく、ついて行くことにした。





どーせ社畜だし?

明日休みなのに、どーせ予定ないし?





それに、何となくだけど。

もっと、知りたくなったの……。










すき家のこと。















ACT3に続く。



***





【こんなはずじゃなかったのに。】



タブレット野郎が主人公をすき家に誘うだけで

まさか1話消化するとは思いませんでした。

さっきまで初対面、かつ喧嘩していた男女を

どうやってすき家デートに持っていくか……。

そんなことばかり考えていた、盆でした。





ああ、やばいなぁ。楽しくなってきちゃったなぁ。

すき家抜きにして、単にフィクションを書くのが

楽しくなってきちゃったなぁ。

やばいなぁ。「イカコパララのすき家評論」ってテーマで

ブログ書いてんのに、趣旨がブレてきちゃったなぁ。

まーた、冒頭に妙なフラグ立てちゃったし。

長くとも全5話で完結予定やのに、回収しきれるんだか。





次回は、ついに『中盛』が登場する……予定。

タブレット野郎の巧みな何やかんやで、

主人公は一気に“SUKIYA”に染められていく……予定。





花がつオクラ牛丼でも食べつつ、ゆるりとご期待下さい。
[PR]
by ikako_pa_rara | 2012-08-29 19:26 | Fiction.
<< 何も見ずに描いてみたスペシャル... 仕事の息抜きに何も見ずにスイカ... >>


勢いで上京した人の自堕落な追憶
by ikako_pa_rara

最新の記事

カテゴリ

以前の記事

検索

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧