ボツの理由は「重いから」とは限らない

博士課程の友達に「競争じゃないって分かってんだけど、周り見たら焦るし悩むんだよ。」って言ったら「悩めるだけ未だゆとりがあるんだ。僕からしたら羨ましいくらいだね。悩んでる暇無くすくらい働いてみろよ。」って。こういうインテリかっこいい場面に出会うと、ホント池上彰に抱かれたいって思う。










『もう恋なんてしない』なんて言わないよ絶対。ただ『もう遠距離なんてしない』とは絶対、言う。あんなものは、時間とお金と神経と体力が悪戯に減っていき、焦りと不安ばかりが悪戯に増えていくだけ。ほんとに好き同士なら敢えて離れて過ごして、いいことなんかひとっつもない。異論は認めない。











結婚するんだってね。七年の交際を経て、結婚するんだってね。おめでとう。何で四月に式を挙げるか分かるよ。交際記念月だからでしょ。君と彼女にとっては交際記念月。私にとっては失恋記念月。七年経とうが七十年経とうが、忘れない。面と向かってなんか一生言ってやんないけど、幸せにね。










あんたにとって特別なのは、今も昔もあの子だけなんだろうけど、私にとってもあんたは特別なんだよ。はじめて本気で欲しいと想ったひとなんだよ。今は友達でも、本気の過去は私のなかで一生、塗り替えられないんだよ。だから結婚なんて、そんなの、やっぱ、泣いちゃうから、式は、出ないよ。  










【い】一度でいい 抱かれてみたいよ フクヤマに
[PR]
by ikako_pa_rara | 2012-06-25 00:42 | ボツイート
<< 更新サイクルは基本5ツイート毎。 殺せなかった言葉達 >>


勢いで上京した人の自堕落な追憶
by ikako_pa_rara

最新の記事

カテゴリ

以前の記事

検索

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧